本文へ移動

ケアマネのつぶやき

ケアマネのつぶやき

なぜ今、アベノマスク

2020-07-30
チェック
なぜ今、アベノマスク
 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、政府が30日から、介護施設などを対象に布マスク約8000万枚を追加で配布するということが報道されている。
官房長官曰く「今後介護施設に配布する予定の約8000万枚の合計1億5000万枚の調達等に要した費用は計247億円である」 
 介護現場に身を置くものとして、これほど介護現場の現状を知らない、バカげた公費の投入にはただただあきれるばかりである。この程度しか介護の現場を理解していない人たちに、私たちの国の政治をゆだねていると思うと、暗澹たる思いになる。
現場では、アベノマスクが不足しているという状況では全くない。ましてや、小さい、洗うと増々小さくなってしまうこの評判の悪い布マスクである。しかもこのマスクをケアマネジャーに配布させようという為政者の愚策に付き合わされるものとして、一言文句も言いたくなる。
 今必要なのは、必要な人、場面にきちんとPCR検査が受けられるようにすることだ。少しでもコロナウイルス感染者と疑わしいと思われる場合、速やかにこの検査を受け、必要に応じた隔離する体制の構築こそ、コロナウイルスと共存していかざるを得ない中で、介護現場の高齢者やそこに働く人たちが安心して働ける方向ではないかと考えている。
TOPへ戻る